熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

熟年離婚に必要な準備とは?

 

長年連れ添ってから別れる熟年離婚の場合は、色々と準備なども必要になってきます。

 

熟年離婚に必要な準備とは?:jukunen.hatenablog.com:20160328140120j:plain

突然、熟年離婚を言われた側からしても、納得がいかないでしょうし、なかなか別れるのにはエネルギーを要します。

 

そんな熟年離婚に必要な準備について、ご紹介していきます。

 

熟年離婚にはどうして準備が必要なの?

 

熟年になって長年連れ添った夫又は妻と別れる決意を決めたら、離婚届を出せばそれで終わりというわけではありません。

 

長期間、別居又は家庭内別居状態にあったのならお互いに納得できるかもしれません。

 

しかしながら、いきなり別れを切りだされた場合には、困惑するとともに感情的になってスムーズに離婚手続きが進まないことがあります。

 

同棲している恋人同士が別れるのとは事情が異なり、お互いに納得の上で別れるためには、綿密な準備が必要です。

 

熟年離婚の場合には、子供も分別がつく年頃になっていることが多いので、親権などの問題は発生しにくいです。

 

そのため、準備で最も重視すべき点は経済面といえます。

 

熟年離婚の準備で大事なのは経済面の準備?

 

熟年離婚に必要な準備とは?:jukunen.hatenablog.com:20160328140119j:plain

双方ともに自立できる程度の定収入があれば良いのですが、熟年離婚によって自立した生活が営めなくなっては別れる意味がありません。

 

ここ数年、身寄りのないお年寄りの方がひっそりと亡くなられてしまうような事も増えています。

 

熟年離婚によって、お金の問題で自立した生活が出来なくなってしまう場合も考慮に入れていかなければなりません。

 

熟年離婚をする際に、利用したい制度として2007年に成立した年金分割制度というのがあります。

 

年金分割制度とは?

 

婚姻中にどちらかが扶養家族となっていた場合、夫婦としてもらうべき年金を最大1/2まで分割できるというものですが裁判所の決定が必要です。

 

簡単に半額になるというものではなく、計算方法は複雑なので正確な額は専門家に依頼したほうが良いでしょう。

 

その他、預貯金や不動産がある場合には財産分与の話し合いをする必要もあります。

 

熟年離婚の財産分与

 

熟年離婚に必要な準備とは?:jukunen.hatenablog.com:20160328135758j:plain

仮に、夫だけが収入源であったとしても、妻が果たした役割を考えれば分相応の財産を取得する権利があります。

 

双方の話し合いで決着できれば良いのですが、決着が付かない場合にはやはり専門家のサポートが必要です。

 

熟年離婚の準備として生活費の確保も重要

 

離婚届をつきつける前に、少なくとも離婚係争中に必要な生活費、離婚後の生活設計を準備することは大前提です。

 

新たに住居を借りる費用、家財道具の購入費なども必要です。

 

さらに、無職の場合には生活手段の準備も必要です。

 

慰謝料や財産分与だけで暮らしていける人はほとんどいないので、就職先を見つけることも必要です。

 

ただ、熟年になってからの再就職先は見つけづらいのが現状です。

 

人出が不足している職種はたくさんありますが、全ての人に適しているというものでもありません。

 

再就職先の準備は別れたいと考え始めた時から始めると、慌てずにすみます。

 

熟年離婚した後の生活の事もきちんと考えて、それでも離婚したいと思うようでしたら、熟年離婚について、真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク