熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

熟年離婚の回避方法!熟年離婚は回避できそうにないと諦めない

 

熟年離婚は年々増えてきてはいますが、その反面熟年離婚を回避出来ているという方も少なくありません。

 

熟年離婚の回避方法!熟年離婚は回避できそうにないと諦めない:熟年離婚.hatenablog.com:20160402145904j:plain

 

もう無理だと熟年離婚をつきつけられても、回避する方法はあります。

 

熟年離婚の回避方法について、ご紹介していきます。

 

熟年離婚に不安になる夫が増えてるという現実

 

熟年離婚が増えているというニュースを聞く度に、我が家は大丈夫かと戦々恐々としている夫や妻は少なくありません。

 

 

特に妻から離婚を切り出すケースが多いので、不安な毎日を送っている夫もいます。

 

熟年離婚は単に高齢者が婚姻関係を解消するということではなく、少なくとも20年以上の婚姻関係を継続してきた夫婦が別れることを言います。

 

夫の定年や子供の成人を契機としている事が多いです。

 

原因はいろいろとありますが、常に上位にあげられることは、性格の不一致、価値観のズレ、夫もしくは妻の浮気・不倫などです。

 

熟年離婚は回避可能なの?

 

衝動的に別れを言い出す事もあれば、数年前から入念に準備をしている妻もいます。

 

別れを切りだされた夫は、激高する、唖然とする、憔悴するなど反応は様々です。

 

ただ、多くの夫は、絵に描いたようとまでは行かなくても、そこそこ円満な家庭だと思っていたと言います。

 

この点ですでに妻との感覚のズレが生じていることに気がついていないのです。

 

離婚したい理由を問いただしても拉致があかない場合には、回避できそうにないと諦めてしまうこともあります。

 

しかしながら、妻にとっても生活の不安、子供との関係、老後の健康などを考えた場合、必ずしも離婚することが得策になるとは限りません。

 

お互いにとって熟年離婚を回避した方が良いという現実

 

熟年離婚の回避方法!熟年離婚は回避できそうにないと諦めない:熟年離婚.hatenablog.com:20160402150106j:plain

仕事を持っている場合は別として、いくら、年金分割や財産分与を受けたとしても、経済的な不安は拭いきれません。

 

また、いきなり一人暮らしをするは心細いものです。

 

回避できそうにないと諦める前に、何とか修復できる方法を探ってみると離婚の危機を乗り越えられる道が開けてきます。

 

熟年離婚を回避するためにするべき事

 

例えば、同居を続けている場合に日常会話に応じてくれる、別居している場合でもメールや電話に応対してくれる、財産分与の明確な要求がない、家族が味方をしてくれるなどの状況であれば回避できそうにないどころか修復の可能性は大きいです。

 

全ての人が熟年離婚で幸せになれる訳ではありません。

 

危機を乗り越えることで、絆を強くする夫婦もたくさんあります。

 

日頃の行いをきちんと見直してみて、何に対してパートナーが不安に思ってるのかをきちんと考えてみる事をおススメします。

 

熟年離婚後に、後悔している夫婦もかなり多いと言えます。

 

一時の過剰で離婚するのではなく、相手の存在の大きさなどもきちんと考えた上で離婚に進んで行くと良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク