熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

熟年離婚にベストのタイミング

 

熟年離婚をする事を決めたけど、

熟年離婚にベストのタイミング:jukunen.hatenablog.com:20160401135410j:plain

どのタイミングで相手に伝えるべきか、悩んでしまう方も少なくないはずです。

 

熟年離婚のタイミングは大切です。

 

どのタイミングで熟年離婚をすれば良いのか、ご紹介していきます。

 

熟年離婚のタイミングとは?

 

夫が定年を迎えた日、子供が成人式を終えた時、また、子供が結婚して独立した時などに熟年離婚を決行するケースか増えています。

 

特に女性から熟年離婚を切り出す事が多いのが特徴です。

 

お互いを支えあってともに白髪となるまで結婚生活を営んで同じお墓で休みたい、と考えるより、夫とは同じお墓に入りたくない、第二の人生は夫なしで過ごしたいと考えている元気な女性が増えています。

 

後悔しない熟年離婚をするにはタイミングが重要です。

 

熟年離婚の良いタイミングとは?

 

熟年離婚にベストのタイミング:jukunen.hatenablog.com:20160401135401j:plain

例えば、年金分割という制度があります。

 

2008年に施行が開始されたもので、離婚した時に受給できる厚生年金を分割して受け取れるというものです。

 

しかし、2008年以降の婚姻期間から適用されるものなので、施行後に支払った年金に対してのみ適用されるので注意が必要です。

 

ベストタイミングは2008年から20年を経た時となります。

 

年金分割制度では充分な金額を受け取れない場合には、退職金を受け取った時が良いタイミングです。

 

熟年離婚では財産分与、不動産分割の制度も適用されますが、住宅ローンが残っている場合、退職金で完済することは可能です。

 

ただ、家を相続しない場合には、退職金が残っているうちに分割したほうが多くの現金を手にすることができます。

 

熟年離婚を切り出すのにベストのタイミングというのもあります。

 

熟年離婚のベストなタイミング

 

定年退職をした日が良いと考える人もいますが、当人にとっては長い間勤め上げた会社から解放されて、第二の人生に意気揚々としている時です。

 

そのような時に、冷水をかけるようなことを切り出せば話がこじれやすいです。

 

さらに、お金目当てではないかと勘ぐられてしまう可能性も高いです。

 

退職時は良い区切りとなりますが、冷静になって話すことがポイントです。

 

相手が喧嘩腰になったとしても、つられないことです。

 

淡々と自分の気持ちを話して説得することが大切です。

 

どうしても納得してもらえない場合には、とりあえず家庭内別居をして、タイミングを見定めるという方法もあります。

 

退職のタイミングは、まさにドラマの熟年離婚でのタイミングになりますが、お互いにとってのベストなタイミングを考えてから伝えるべきでしょう。

 

夫側にとっては青天のへきれきとなる事が多い熟年離婚ですが、夫側も熟年離婚されないためにも今以上に家庭を顧みる必要がある時代にきてるという事でしょう。

 

仕事だけしてお金を家に入れていれば、夫としての務めを果たしてると考える方も少なくありません。

 

これは過去の話です。

 

そんな時代は終わりました。

 

熟年離婚は、大きな体力を消耗します。

 

そうならないためにも、日頃から良き夫を心がけて行く必要があるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク