熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

親が熟年離婚した理由は?そしてその時の子供の気持ちは?

 

ここ最近、熟年離婚を選択する夫婦が増えてきています。

 

親が熟年離婚した理由は?そしてその時の子供の気持ちは?:熟年離婚.hatenablog.com:20160414124328j:plain

離婚となると、夫婦2人の問題だけではなくなり、少なからず子供にも影響がでてきます。

 

親が熟年離婚した際の子供の気持ちについて、解説していきます。

 

熟年離婚の原因や理由はさまざま

 

親が熟年離婚をする理由は様々です。

 

トップにあげられる事が多いのは性格の不一致で、次いで価値観の相違、夫又は妻の浮気・不倫、介護問題などが続きます。

 

いずれの場合も当人同士の問題で子供に直接的な関連はありません。

 

しかし、熟年離婚によって家族がバラバラになるため、分別がつく年頃になっているとはいえ子供の気持ちは複雑で精神的な影響は大きいです。

 

熟年離婚での子供への影響とは?

 

親が熟年離婚した理由は?そしてその時の子供の気持ちは?:熟年離婚.hatenablog.com:20160414124351j:plain

また、場合によっては経済的に苦しくなることもあるため、子供にしわ寄せがいく場合もあります。

 

熟年離婚の場合、すでに子供は成人前後の年齢になっている場合が多いです。

 

そのため、理由はなんにせよ子供の気持ちと言っても、正直に打ち明ければ理解を得やすいです。

 

考えられる影響としては、生活環境が変化するので、精神的に不安定になりやすいということがあります。

 

母親がひとりで家を出る場合、残された父親と子供で家事もこなさなければならなくなります。

 

余分な負担が増えて、学業が疎かになってしまいます。

 

残された父親が切り盛りをしてくれれば問題は少ないのですが、父親も離婚のショックを引きずっていると、家庭生活が円滑に回らなくなります。

 

母親とともに家を出た場合には、生活環境が新しくなるので、慣れるまでは戸惑いがあります。

 

更に、経済的な問題が大きくのしかかります。

 

熟年離婚による貧困の危機

 

もともと母親が正規雇用社員として仕事を持っていれば特に問題はありませんが、新たに仕事を探すとなると収入面での心配があります。

 

贅沢ができないというより、貧困の不安を抱えることもあります。

 

家計を子供が助けなければならないという場面も出てくるはずです。

 

そうなってくると、子供への負担も尋常ではありません。

 

大学を諦めなければならないなどの負担が重くのしかかってくるでしょう。

 

しかし、怒号や悪口が飛び交うほど夫婦間の仲が悪かった場合には、熟年離婚したことで家庭環境がよくなり、精神的に安定するということもあります。

 

家庭が穏やかになると子供の気持ちも穏やかになります。

 

子供の気持ちを考えると、基本的には熟年になってからであっても離婚はしないほうが良いとは言えます。

 

しかしながら、家庭内別居で家の中が重苦しい空気に包まれているよりは、幸せになるための離婚であることを子供に伝えれば、納得してもらえるはずです。

 

熟年離婚をする際のメリット、デメリット、そして子供への影響までもをきちんと考えた上で熟年離婚に進んで行くべきでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク