熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

熟年離婚の原因 ランキングベスト5

 

熟年離婚が近年騒がれていますが、そもそも

熟年離婚の原因 ランキングベスト5:熟年離婚.hatenablog.com:20160404142353j:plain

熟年離婚の原因とは何なのでしょうか?

 

熟年離婚の原因、ベスト5をご紹介していきます。

 

熟年離婚の原因!第一位「価値観の違い」

 

20年以上も結婚生活を送ってきたのに、破綻をする夫婦が増えています。

 

歳を重ねてからの再出発は頭で考えても並大抵でないことはわかるのに、残りの人生を夫あるいは妻とは過ごしたくないという思いの方が強く熟年離婚に至っています。

 

原因の第1位は価値観の違いです。

 

夫が仕事をしている間は、お互いの意見に多少の違いがあったとしても、一緒にいる時間が少ないので我慢が可能でした。

 

また、結婚当初は同じ方向を向いていたとしても、長い年月の間にズレが生じることは珍しくありません。

 

価値観のズレを修正できないカップルが離婚を選択しています。

 

長い年月をかけて、積もり積もった結果と言えるでしょう。

 

熟年離婚の原因!第二位「性格の不一致」

 

第2位は性格の不一致です。

 

第1位の原因と似通っていますが、結婚当初から合わないと感じていたのになんとなく20年以上も暮らしてきた、というケースもあったりします。

 

長年暮らしているうちに、違和感を覚えるようになったというケースもあります。

 

性格の不一致に関しては、どうする事も出来ない部分なので、お互いに合わないと思った事を相手に伝えてみて、それでも無理なら仕方がない事でしょう。

 

熟年離婚の原因!第三位「共通の話題がない」

 

熟年離婚の原因 ランキングベスト5:熟年離婚.hatenablog.com:20160404142329j:plain

第3位の原因は、共通の話題がないということです。

 

子育てや仕事で忙しい間は最低限の話題でも問題はなかったとしても、子供が独立をして夫婦二人の生活になった時に共通の話題が無いことに愕然とすることがあります。

 

次第に孤独感が募って一緒にいる意味がないと感じるようになるのが原因です。

 

日頃から、共通の話題を持っておく努力をしておく事で回避できる問題でもあります。

 

新しい趣味などを始めてみるのも良いでしょう。

 

熟年離婚の原因!第四位「浪費癖」

 

第4位は浪費癖です。

 

少しでも時間があればパチンコや買い物三昧の日々を送っている人は少なくありません。

 

家計費をつぎ込んだり、借金をしてまでのめり込んだりするようになると生活が破綻します。

 

浪費癖は、直そうと思っても、そう簡単になおるものではありません。

 

どうしても、浪費が依存的になってしまってる場合は、専門家の力を借りてみるのも良いでしょう。

 

熟年離婚の原因!第5位「嫁姑や義理の親との不和」

 

そして、第5位は嫁姑や義理の親との不和です。

 

妻が舅や姑と反りが合わないという単純なものではなく、高齢化社会になったことで介護の問題が深刻になっています。

 

妻や夫がそれぞれ自分の親の介護をしたいと考えたり、義理の親の介護を拒んだり、といろいろなケースが有ります。

 

中には、双方の親に介護が必要になりそうな年齢になったことで、将来のリスクを考えて先に熟年離婚を決断する妻もいます。

 

多くの場合、妻が介護を担わなければならないという現実が背景となっています。

 

このような原因から、熟年離婚に至る場合が少なくありません。

 

また、妻側から熟年離婚を言いだすという事が多いのは、これらの理由からです。

 

熟年離婚に至らないように、早めに対策を練っておく必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク