熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

熟年離婚が増加している理由とは

 

ここ最近、熟年離婚をする夫婦が増加してる傾向にあります。

 

熟年離婚が増加している理由とは:熟年離婚.hatenablog.com:

熟年になってから離婚をする理由とは何なのでしょうか?

 

熟年離婚が増加してる理由について、ご紹介していきます。

 

熟年離婚をする夫婦は増加してるの?

 

調査によれば離婚した全ての夫婦のうち熟年離婚にあたるのは約2割でした。

 

この数値でも決して少なくはありませんが、年々熟年離婚の数は増加傾向にあります。

 

熟年離婚の簡単な定義は、20年以上にわたって婚姻関係にあった夫婦が別れることです。

 

年金受給年齢になってから、新たな生活を始めようとする人たちが増えているということです。

 

熟年離婚する夫婦が増えている理由

 

考えられる理由はいくつかありますが、結婚に対する考え方が変化していることが最も大きいでしょう。

 

少し前なら、結婚は女性にとって一生に一度の大イベントでした。

 

そして、離婚経験者に対しての世間の目はとても厳しい物がありました。

 

しかし、最近では、離婚歴があっても社会的にデメリットとなることはほとんどありません。

 

同様に核家族化も増加の理由と考えられます。

 

女性は家に入るという考え方があり、長男なら夫の両親や同居する家族と生活することは当然だったのですが、近年では親とは別居することが結婚の条件となっていることもあります。

 

夫婦二人で結婚生活をスタートさせる風潮が、離婚に対する抵抗感を少なくしています。

 

熟年離婚の大きな理由が親の介護の問題?

 

さらに、親の介護の問題も絡んできます。

 

施設に入れる経済力がない場合には、妻に負担がかかるケースが多いことから、離婚を考えることがあります。

 

子供が理解してくれることも熟年離婚の増加を後押ししています。

 

熟年になると、子供も独立できる年齢になっていることが多いです。

 

場合によってはすでに新しい家族を形成していることもあります。

 

両親が離婚したいと相談をしても、理解をえやすいので大きな抵抗を受けなくて済みます。

 

中には、両親の様子を間近で見てきた子どもたちが、離婚すべきという提案をすることもあります。

 

女性の社会進出も熟年離婚の大きな原因

 

離婚後の生活に不安を感じる人も少なくありませんが、最近では、高齢者の雇用も増えています。

 

また、それまで共働きをしていた場合には、生活基盤がしっかりと出来ているので、不安になることもありません。

 

このような理由から、熟年離婚は流行語としてではなく、社会的な現象として増加しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク