熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

熟年離婚で後悔しないための準備

 

熟年離婚をする際には、必ず離婚で後悔しないためにも、

熟年離婚で後悔しないための準備:熟年離婚.hatenablog.com:20160409172450j:plain

色々な準備をしておく必要があります。

 

心の準備だったり、物理的な準備だったりと色々ありますが、後悔先に立たずです。

 

後で後悔する事にならないためにも、しておくべき事についてご紹介していきます。

 

熟年離婚の準備をしておいた方がいい理由とは

 

特に仲違いをしたわけでもないのに、結婚20年を過ぎてから離婚をする夫婦が増えています。

 

熟年離婚とよんでいて、同名のドラマがヒットした後にブームのように増えている現象です。

 

中高年からでも再就職できる環境が整いつつあること、定年を迎えても元気で若々しい人が増えたことも熟年離婚が増えている理由と言われています。

 

離婚をして別々の生活を始めるにはそれぞれの理由や事情がありますが、夫の定年や子供の独立が特に多い理由です。

 

夫の面倒や家事から解放されて、自由な時間が持てることで希望に満ちている人は多いですが、リスクもあるので、後悔しないようにしっかりと準備をすることが大切です。

 

熟年離婚の準備で大切なのは経済面

 

熟年離婚で後悔しないための準備:熟年離婚.hatenablog.com:20160409172441j:plain

熟年離婚の準備で特に大切なことは、生活の基盤となる経済面です。

 

新たに居を構えるにはまとまった費用が必要ですし、食費や光熱費、税金などにかかる費用が調達できなければ、生活に困窮することになります。

 

仕事が見つかっても、職場と住まいの往復のみで、切り詰めた生活をしなければならないようなら、自由になった意味がありません。

 

特に経済的な不安が解消できなければ後悔する可能性が大きいです。

 

熟年離婚を決意する場合、離婚届を提出してから仕事を探すのではなく、先に職を探しておいたほうが安心できます。

 

仕事が確保できて、生活の不安が解消されたとして、残る後悔の種は子供の理解です。

 

熟年離婚に関する子供の理解

 

別れることは夫婦二人の問題だからと親も子も割りきることができればよいのですがそう簡単に割り切ることはできません。

 

たとえば、妻もしくは夫に不倫、ギャンブル依存、DVなどの生活破綻となる明らかな原因がない場合、理解されないこともあります。

 

子供の理解を得ずして離婚に踏み切ってしまうと、家庭崩壊となり、寂しい老後を過ごすことにもなりますし、大きな病気をした時や介護が必要となった時に、誰にも気にかけてもらえない可能性もあります。

 

家族という概念が薄らいでいるとはいえ、熟年離婚によって親子が仲違いをするのはあまり良いこととはいえません。

 

子供には夫婦の問題だからと隠すことなく、正面から向きあえば理解を得られるでしょう。

 

熟年離婚で後悔しないためにも、本当に離婚したいのかをきちんと自問自答した上で、離婚について伝えるべきです。

 

一時の感情から、熟年離婚を申し出たとしても後悔が募る事にもなりかねません。

 

離婚には、結婚以上の体力を使います。

 

それでも離婚したいのか、きちんと考えた上で離婚を申し出ると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク