熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

熟年離婚での不動産における財産分与の割合

 

熟年離婚をする際には、財産分与の問題をきちんと考えていかなければなりません。

 

熟年離婚での不動産における財産分与の割合:熟年離婚.hatenablog.com:20160417115152j:plain

また、不動産における財産分与も同様です。

 

熟年離婚の財産分与について、ご紹介していきます。

 

熟年離婚における経済的な問題

 

熟年離婚でもめる原因のひとつが経済的な問題です。

 

特に、財産分与は夫婦間で話し合いをしても平等に分割することが難しいです。

 

とりわけ、妻が正社員で働いている場合と、パート社員、専業主婦とでは夫側からすれば同じ割合で財産が分与されることに納得できないケースが多いです。

 

熟年離婚の財産分与とは

 

財産分与は、夫婦で築いた財産を分けるという法律です。

 

基本的には預貯金や不動産、貴金属類などは平等に分割されることになっています。

 

ただし、結婚前に購入した不動産に関しては対象外となっています。

 

熟年離婚の不動産の財産分与はどうなるの?

 

たとえば、夫婦のために購入した不動産で、ローンの支払名義が共同ではなく夫もしくは妻にしていた場合でも共同財産とみなされるので、財産分与の対象になります。

 

住宅ローンが残っている場合の不動産分与の手順は、まず、ローンの残金と資産価値を確認します。

 

資産価値がローンの残金を上回っているか、残金のほうが多いかによって、売却か継続支払いかを検討します。

 

そしてどちらがその権利を取得するかも決めます。

 

住宅の場合、ローンが残っていると離婚後に継続して支払いができない可能性も出てきます。

 

その場合には売却して分けることも可能ですが、家に残ったほうが継続してローンを支払うことで落着するケースが殆どです。

 

もし、少しでも多く現金が必要なら、ローンの残金よりも資産価値が高ければ売却してしまう事もできます。

 

不動産の財産分与を公的機関に介在していただく方法

 

熟年離婚での不動産における財産分与の割合:熟年離婚.hatenablog.com:20160417115200j:plain

お金が絡むことは、話し合いだけではスムーズに解決できないことも多いです。

 

公的機関が介在すればトラブルとならずに分割することができます。

 

調停で決める場合、離婚調停か財産分与請求かどちらかの方法があります。

 

戸籍や申立書などの必要書類を揃えて申し立てを行いますが、この時に書類の作成に不安がある場合には、司法書士に依頼すると安心です。

 

申し立ての費用は収入印紙代、送付料金のみなので、2000円から3000円程度が必要です。

 

申し立てをする相手が居住する地域の家庭裁判所が管轄となっています。

 

お金の事は、きちんとしておきたいものです。

 

きちんと公正証書にして取り決める事によって、支払の滞りを避ける事にも繋がります。

 

熟年離婚には、大きなお金が動きます。

 

きちんと考えた上で、行動していくことをおススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク