熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

熟年離婚から再婚できるまでの期間はどれ位なの?

 

熟年離婚をしてから再婚するまでの期間は、どれ位必要なのでしょうか?

 

熟年離婚から再婚できるまでの期間はどれ位なの?:熟年離婚.hatenablog.com:20160412122211j:plain

1人では生きていけないという方も多いはずです。

 

再婚できるまでの期間について、ご紹介していきます。

 

熟年離婚から再婚するまでの期間って必要?

 

女性は産む性です。

 

現状では、どんなに男性ががんばっても子宮を持っていないので体内で子供を身ごもることはできません。

 

一般には婚姻によって、結ばれることで子供を作るのが正しい方法となっています。

 

しかし、産める期間には制限があります。出産は母体に大きな負担がかかるので、一生生み続けることは不可能です。

 

そのため、ある時期から排卵の機能が停止します。

 

一般に再婚制限は男性にはありませんが、女性は、子供を産める年齢の間に離婚をした場合、再婚までの期間に制限があります。

 

離婚の場合の再婚制限とは?

 

前夫の子供をみごもっていないという確証が得られるまでは再婚ができないように、法律によって定められています。

 

これは民法733条第1項に定められています。

 

再婚禁止期間は例外があります。

 

前の結婚を解消するときに妊娠している場合には、出産を待って再婚できます。

 

また、前夫と再入籍する場合にも一定期間を置く必要がないとされています。

 

また、夫が失踪をして3年以上が経過している時、失踪宣告を受けて婚姻の解消手続きが認められた場合も例外扱いになります。

 

妻が失踪した場合も同様に夫は婚姻の解消ができます。

 

熟年離婚でも男性には再婚禁止期間は無い?

 

熟年離婚から再婚できるまでの期間はどれ位なの?:熟年離婚.hatenablog.com:20160412122142j:plain

そして熟年離婚であっても、男性には再婚禁止期間は存在しません。

 

極端な話、離婚届が受理された翌日に婚姻届を提出することは可能です。

 

女性に対しては再婚禁止期間の縛りがありますが、女性が67歳を過ぎると、やっとこの縛りから解放されるので、早い時期の再婚を目的として熟年離婚をすることができます。

 

熟年離婚後に再婚する際に注意するべき事

 

ただ、熟年離婚に当たって財産分与や年金分割の手続きを採っている場合、再婚をすると権利が失われるものもありますので、専門家に相談をすると良いでしょう。

 

男性も女性も再婚をしない場合には、新しい生活をスムーズに始めるための準備が必要です。

 

新生活のスタートで、預貯金と年金で充分に暮らせるか働き先が決まっていれば良いのですが、就職活動をするつもりなら最低でも3ヶ月の間は無職でも暮らせる現金は用意しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク