熟年離婚の後悔とその後

近年話題になってる「熟年離婚」というものをご存知でしょうか?熟年離婚とは、20年以上の婚姻生活が続いたのち、離婚する夫婦の事を言います。熟年離婚に至る理由、原因、また熟年離婚後の生活に焦点を当てて解説していきます。熟年離婚をする際に、知っておくべき事満載です。

熟年離婚か別居か家庭内別居か

 

長年連れ添ったけど、やっぱり新しい道を歩みたいと熟年離婚を選択する方も増えています。

 

熟年離婚か別居か家庭内別居か:熟年離婚.hatenablog.com:20160411153819j:plain

そんな方々は、早まって熟年離婚を決めてしまうと後悔することも出てきます。

 

熟年離婚をするか、それとも別居にするか家庭内別居にするか、色々な選択肢があるという事をしておくべきです。

 

熟年離婚のきっかけ

 

長年生活をともにしてきたパートナーが、ある日突然嫌になる時があります。 小さな

 

理由や原因が積み重なっていることが多く、いつの間にかお互いの気持ちがあらぬ方向を向くようになります。

 

一度できた溝やズレてしまった心を修復することはとても難しいものです。

 

熟年離婚しか無いと思っても双方の意思が合意しなければ実現することはできません。

 

妻が正規雇用社員として働いている場合、経済的に独立しているので熟年離婚をしても経済的な不安を抱えることはありません。

 

しかし、熟年離婚をするには相当のバワーが必要です。

 

熟年離婚ではなく別居という選択肢

 

熟年離婚か別居か家庭内別居か:熟年離婚.hatenablog.com:20160411153809j:plain

もし、おたがいに迷いがあるのならば、とりあえず別居という方法もあります。

 

しかし、どちらかが熟年離婚を求めた時、片方が離婚を望んでいない場合、別居をした側が不利になる確率が高いです。

 

婚姻関係にある場合には、居をともにして生活を営む義務があるからです。

 

正式に離婚するのは手続きがいろいろと面倒なので家庭内別居という形を採っている夫婦もいます。

 

子供が結婚するまで、独立するまでという理由から熟年離婚を決めかねているケースもあります。

 

この場合、お互いの心が離れていたとしても、法律上は夫婦なので、社会的な地位や体裁は保つことができますし、夫婦としてのイベントへの参加が必要な場合には、取り繕うこともできます。

 

財産分与や慰謝料の心配もとりあえずは要らないので、基本的な生活は維持できます。

 

もし、夫が生活費を入れてくれないという場合には、パートに出るなどして働けば良いのです。

 

とりあえず夫の扶養家族になっていれば、健康保険などの支払いの心配は不要です。

 

専業主婦の場合は熟年離婚ではなく家庭内別居がリスクが少ない?

 

専業主婦ならば家庭内別居のほうがリスクは少ないといえます。

 

ただし、家庭内別居は比較的居心地がいいので、離婚届を出さないまま生活を続けている夫婦もいます。

 

熟年離婚まで行かずに家庭内別居でとどまっている夫婦は、離婚希望者の約2割と言われています。

 

家庭内別居をして距離を置くようになってから、夫婦仲が円満になったというケースも少なくありません。

 

いずれにしても、早まって結論を出してしまうと後悔に至る場合が多いとされています。

 

すぐに結論を出す必要がないのであれば、やりなおせないかという選択肢も考慮に入れてみると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク